猿の惑星:創世記

2011年公開だった『猿の惑星:創世記』を見ました。これで『猿の惑星』は過去のものから最近のものまで全て見ました。さすが撮影技術は上がっていて本物の猿のようでした。コンピュータグラフィックスの作りものかと思ったらきちんと人間の俳優を元にしていたようです。
この映画を見ていて最初思ったのは志村動物園に出ていたパンくん、そして最後の方は中国の反日デモ。いや、中国の反日デモは猿以下か・・・。

【あらすじ】
メスのチンパンジーを使って認知症の新薬を実験。知能が発達し効果はあったが、ある日急に凶暴化(パンくんもこうやって暴れまわったんだろうな・・・)。
実験は失敗と思われ、チンパンジーたちは殺処分。しかしメス猿が凶暴化したのは子供ができていたからで、その子供は可哀想だとういうことでシーザーという名をつけ密かに育てることに。
シーザーは知能の発達したメスの遺伝子を引き継ぎ、人間なみ(以上)に知識を吸収し育っていきます。
ところがある日、凶暴なチンパンジーの本性をだして人間を襲い霊長類保護施設へ。
人間と同じように育ってきたシーザーには他のチンパンジーと同じように扱われることに腹が立ち、密かに脱出して認知症新薬を盗み、悪だくみをはじめます。

単純にあらすじを書けばこんな感じです。人間がそれほど猿に悪さをしたわけでもなく(一生懸命、人間側を悪く描こうとしているが・・・人間=悪にしないと話が成り立たないから)、猿たちの反乱の理由が弱い。
この映画で言いたいことは、猿は凶暴だということなのだろうか?!と思ってしまいます。

昔の『猿の惑星』の場合は、ウィルスでペットとして飼われていた犬や猫が絶滅して、変わりに猿が飼われるようになり、いつの間にか猿は奴隷のようになっていた・・・
と、黒人奴隷を思いおこさせるような感じだったんですよ。
しかし、喋れなかった猿たちがいつの間にか喋れるようになっている、その知能の発達過程の描き方は弱かったですよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック