007 スカイフォール skyfall

昨年の今頃公開されていた映画です。1作目から50年経った記念作品ということでかなり宣伝されていた気がします。ジェームズ・ボンド役がダニエル・クレイグになってからカッコよくなったなと思い、見るのが楽しみでした。

しかし、見た感想としてはあまり面白くなかった・・・。ダニエル・クレイグの前作『カジノロワイヤル』、『慰めの報酬』と話につながりがなく、007シリーズのプロローグのような作品・・・だけど、時代が1作目とは全く異なるのでもうパラレルワールドとしか言いようがない・・・。

・あらすじ
MI6を標的にしたテロが発生、目的は元MI6工作員のM(ボンドの上司)への復讐であった。
敵に狙われているMとボンドはアストンマーティンDB5に乗りスカイフォールへ、敵と最後の戦闘となる・・・

ボンドは引退しても良いくらいのベテラン。
アストンマーティンDB5はすでに『ゴールドフィンガー』バージョンに改造されたもの。
なのに、マネーペニーとは物語の最後にはじめて自己紹介。
これが、パラレルワールドと言わせるわけですね。

スカイフォールとはボンドの生家。名家だったのでしょうが、子供の頃に両親が亡くなり、現在はお化け屋敷のようになっています。ボンドの生い立ちを描きたかったのでしょう。最後は爆破。名車、数億円の『ゴールドフィンガー』バージョン、アストンマ―ティンDB5も爆破!

・面白くない点
話につながりがない、パラレルワールド。
ボンドの生い立ちが描きたかったが為のスカイフォールでの戦い。
ありきたりのアクション。おきまりの逆走。おきまりの電車への飛び乗り。飛び乗ったら落ちそうになる。電車の上で格闘、トンネルにぶつかりそうになる。

・良い点
ダニエル・クレイグがかっこいい。トムフォードのスーツ姿がカッコイイですよね。体型だけじゃないと思います。スーツ自体良い。私もこんなスーツが欲しい・・・・。
秘密兵器が単純で良い。わけのわからん都合の良いハイテク装置じゃなくなった。
Mの交代。今のドラマや映画って、安直に先進性を出すため?上司役がみんな女性ですよね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック