オメガNATOストラップ サイズ調整

一生モノと思いオメガの時計を買ったのですが、何だか気に入らない・・・。なんか変。
画像
なんか変なのは、異様に長いNATOストラップが理由?長すぎるので先端を丸めて収めています。これが不格好なんだと思います。取り外しも一々面倒くさい。

なので、加工してみました。自己責任です。
画像

画像

ストラップをカットした後、どのような処理をしているのか?カット面を見ると艶があり、接着剤か何かでほつれをを防いでいるのかと思っていました。
しかし、そんな手間がかかり、不具合がおきそうな処理はしてませんね。おそらくレーザーでカット?しているだけです。つまり熱で溶かしてほつれを防いでいるんです(アラミド繊維は耐熱性があるということで熱で簡単に溶けると思ってませんでした。)。

私はレーザーなんて持っていないので原始的にハサミで切って、ZIPPOであぶって加工しました。レーザー処理より綺麗になんてできませんが、そこまで汚い出来というわけでもありません。
画像

装着時の不格好さがなくなったと思います。
映画の中ではどのような装着のされ方がされたのか?ダニエル・クレイグの腕のサイズに合わせて加工されたのか(NATOストラップは長さ280mmという規格があるようですが・・・)?

限定品をこのように加工して自分のサイズに合わせてしまったのは世界でも私だけかもしれない・・・綺麗に装着できているのは私だけ?・・・自己満足・・・ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック