コペン ライト黄変

私のコペンも購入してもう12年経ちました。
ゴールデンウィークは実家に帰り久しぶりに洗車しました。もうここ4年は年3回ぐらいしか洗車してないし、乗ってないですね。今回も4カ月ぶりです。

びっくりしたのはルーフがやけに白くなっていたこと。クリア塗装が劣化して剥がれたか??
よく見ると傷だらけになっているだけでした(-_-;) 毎回帰ってコペンを見るたびに思いっきり砂埃、花粉等がこびりついています。洗車時にこれがヤスリのようになり傷だらけにしてしまったのでしょう。

なので久しぶりにコンパウンで磨いて、ガラスコーティングしましたよ。
画像
一度やりはじめたら・・・変態的にやります。ゴムの部分も砂埃がすごくたまり、藻が発生していたりするのですが、ここもスッキリ。ここまで初代コペンで綺麗になっている車はそういないでしょう。

画像
私のコペンはライトも綺麗です。12年も経ったコペンはたいていライトが黄変して濁ってます。ライトを綺麗に保つコツ。それは・・・

ライトの素材はポリカーボネートです。もともと黄変する素材です。黄変するのを防いでいるのがクリア塗装です。だからオリジナルのクリア塗装を傷つけないようにする。つまり、何もしない。これが一番大事なんです。
ですから私の場合、ライト部分は洗車で撫でることもしません。

まぁ・・・その理論がいつまで通用するか・・・ライトが黄変したらホント古臭い。もし私のコペンがそうなったら新しいライトに交換するか・・・自分で塗装するか・・・といったところでしょうか・・・。


今回はガラスコーティングを4年ぶりにしたので、次の洗車は楽になるでしょう。次はいつコペンに乗れるか・・。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック