初代コペン マジカルアート リバイバルシート

最近街中で見かける初代コペンにヘッドライトが黄変しているものが増えてきたように感じます。
私のコペンはまだ黄変していないのですが、ライト上部の塗膜が剥がれてきており、剥がれた部分が黄変するのも時間の問題と考えられます。

ヘッドライトが黄変するのはホント車の見栄えに影響しますよね。
で、私が劣化防止に選んだのはハセプロのリバイバルシート。

近所の車関連の店で売っていると思って色々探したのですが、在庫をもっているところはありませんでした。
ネットで買うのが早いですね。安売りはしてないようです。
コペンのヘッドライトはMサイズ1つで足ります。

画像

シートを貼るときのヘラもついていました。

私は食器用洗剤でライトを洗浄して、粘土で洗って、ブレーキパーツクリーナーをぶっかけるという手順でライトを綺麗にしました。コンパウンドやヤスリで塗膜を剥がしたりはしませんでした。時間はかかるし、リスクがあると思ったからです。

結論です。正直こういった透明クリアのシートを貼るのは難しい!!
施工液(水+食器用洗剤)をかけてから貼るのですが、皺が入ったからやり直そうと思ってはがしたら施工液がはがす部分に十分残ってなくて、汚い跡になったり・・・多く吹き付けすぎるといつまで経っても貼り付かない・・・施工液の量は綺麗に貼るのに影響します。

また、皺を伸ばすためにドライヤーを使ったのですが、熱をかけすぎると伸ばしても皺の後がついたまま消えなかったり、接着力が弱くなったり・・・どのくらい温めてよいかを見極める必要もありそうです。

ぶっつけ本番ですから、失敗をかさね上手くなるなんて手順は踏めません。

画像
リバイバルシート貼った方が汚くなった!!
上部は皺なく貼れたのですが、下部は皺が入りまくり!!

まぁ私の経験上、遠目から見て汚いのが目立たなければOK。下部は車高が低いのでそれほど目線は行きません・・・上部が皺なくはれていればOK?!・・・気にしすぎて直そうとするほうが、よけい汚くします・・・。

リバイバルシートを貼ることで貼る前よりも見た目が汚くなったのですが、黄変するよりはマシだと思います・・・。塗装やコーティングより耐久性もあると思いますし。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック