よみがえる伝説の名車 ジャガーXKSS

NHK BS1で放送されてました。BS1でこういったドキュメンタリーが放送されているの初めて知りました。

ジャガーXKSSというとスティーブ・マックイーンが思い浮かびますね。非常にカッコイイ車です。(スティーブマックイーンは5000ドルで誰かから譲ってもらったとどこかで読みました。ジェームスディーンの550スパイダーもそんな値段だったような。)



Dタイプというレーシングカーを小規模生産することからはじまり(レーシングカーを昔は生産して売っていたんですかね?)、
100台ぐらい生産する予定が徐々に売れなくなり、Dタイプを公道用に改造して売ることになったのがXKSS。
改造といってもフロントガラスをつけたり、助手席をつけたりしたぐらいで、中身はDタイプそのもの。
Dタイプは300km/h出たそうです。

しかし、そのDタイプの公道仕様(XKSS)が発表されてから3週間後に工場が爆発して、残ったXKSSは16台だけ。
1台1350万ポンドにも高騰したそうです。

2016年その爆発で燃えたXKSS9台を再生産(復刻)するということになり、その復刻のドキュメンタリーというのが放送内容でした。

昔のスペックそのもので、ボディーはリベット留めでハンドルも木製の大きなハンドル。
1台100万ポンド・・・。それでも9台すぐに売れたそうです。

最近は復刻というのが、ブランドを高める一つの武器になってますね。
omegaもキャリバー321というのを復刻させましたし・・・。



車も時計も現代のものの方がよっぽど優れているのに、
復刻品って何だか魅力あるんですよね。

この記事へのコメント