初代コペン クーラパッキンNo.1を交換

クーラパッキンとはボンネットとラジエターの隙間をふさぐ、隙間スポンジテープのようなものです。
ラジエターに走行風が効率よくあたるようにするためのものですね。

P1130537.JPG劣化してボロボロです。いつからこんな状態だったかな?これによりエンジンルーム内の砂埃も防げていたのかもしれません。昔よりエンジンルームの砂埃による汚れがひどくなったように感じます。

スポンジ部分は簡単に剥がれるのですが、接着面は全然はがれません。スチームで熱をかけたら簡単に剥がせるかと思ったら剥がれない!
剥がすことに時間をかけている余裕はないので(実家に帰ったときしか作業しないので)、そのまま新しいものを上から貼り付けました・・・。

パッキン部材は家にあったものを使いました。100円ショップのものよりは良いものだと思います・・・水も防ぐようなものだと思います。

簡単に剝がれたり、すぐボロボロになるようであればまた考えて貼り換えます・・・。

P1130539.JPG今のところ問題はありません。残った接着面が少しはみだして見えるのが若干嫌だけど。

この記事へのコメント