初代コペン ドアストライカー調整

2/15(月)、私の住んでいる場所では暴風雨だったのですが、今度は運転席側が雨漏りしました。

シートの座面が湿っていたのと、シート裏に水が溜まっていました。
シート座面については窓枠のウエザーストリップの間からポタポタ垂れたものだと考えられます。
シート裏の水溜まりは、どこかを伝ったような形跡はないので、助手席側の雨漏りと同じ原因が考えられました。

P1130606.JPG
上の写真の白矢印はシートベルトを挟み込んだときの傷です。新車購入当初から雨が降るとこの傷の辺りまで濡れていました。エーモンの風切音防止モールでも取り付けた方が良いのかな?!と考えたり、雨が浸入しそうな箇所にシーリングを塗ってみようかなとか、色々考えたのですが・・・

結論としては、購入してから16年経とうとする今更ながらなのですが、運転席のドアってチリがあってなかったんですよね。少し浮いている感じ。そりゃサイドシルまで濡れるだろうし、風向きや強さによってはウエザーストリップから雨が浸入しますよね。

ということで、16年経ってやっとドアストライカー(赤矢印)でチリを調整しました。
ネジを緩めて、叩いて少し奥に移動させました。
洗車してみたのですが、サイドシルは濡れていませんでした。

ひとまず、シート座面が湿めるのと、サイドシルが濡れるのは防げると思います。早くやればよかった・・・。

この記事へのコメント