初代コペン 運転席側の雨漏り

先日、ドアストライカーの調整したことについて書きました。その後、結構強い雨が降った日がありましたが、幸いにも運転席が側の雨漏りはありませんでした。
簡単な調整と水抜きの掃除(針金を穴に突っ込んだだけ)でとりあえずは大丈夫だったようです。

P1130608.JPGP1130609.JPG
ただ、一度雨漏りしてしまうと中々侵入した水は抜けません。一々雨漏りするたびに分解するのも面倒だし、時間も無駄なので、助手席側と同じようにフラップ状に切ってしまいまいました。
錆は全然なかったので、ずっと以前から雨漏りしていたわけではなさそうです。

ぐちょぐちょ湿って、中々乾かない吸音材は剥がしとりました。無くしても別に音がどうこう変化していないと私は思いますが・・・。

家のコペンは大丈夫と思っている人も洗車後や、ゲリラ豪雨のような雨の後に助手席や運転席の後ろ床を押してみてください。案外ぐちゃりと水が入っているかもしれませんよ。

この記事へのコメント